CFE資格を取るなら
国際資格の専門校アビタスで

試験について

CFEの試験は年に2回、東京と大阪で開催されます

試験概要

試験科目と試験内容

試験科目 内容 出題言語 主題形式 問題数 試験日程
Section1 財務取引と不正スキーム 各種不正スキームに関する知識など 日本語 4択または2択マークシート 125問 1日目 10:00〜12:00( 2時間)
Section2 法律 不正に関する法律など 日本語 4択または2択マークシート 125問 1日目 13:00〜15:00( 2時間)
Section3 不正調査 不正取引の追跡調査など 日本語 4択または2択マークシート 125問 2日目 10:00〜12:00( 2時間)
Section4 不正の防止と抑止 職業上の不正、不正防止プログラムなど 日本語 4択または2択マークシート 125問 2日目 13:00〜15:00( 2時間)

受験費用

初回受験に関わる費用の合計:¥54,000(8%税込み)

内訳
ACFE会員登録料 ¥5,400
ACFE 年会費 ¥21,600
受験登録料 ¥5,400
科目登録料 ¥21,600(1科目¥5,400×4科目)

合格基準

各科目いずれも正答率75%以上(94問以上)

試験日程/会場

年2回(6月、12月)/日程は2日間。
土曜にSection1とSection2、日曜にSection3とSection4を実施。

日本の試験会場は東京、大阪の2カ所。会場は受験者数による。


直近の試験日程
試験日程 会場 詳細
12月8日(土) 東京会場 CIVI 研修センター 秋葉原 (電気街口)
12月9日(日) 大阪会場 CIVI 新大阪研修センター

※2019年6月試験の日程詳細はまだ公表されておりません。

合格実績の有効期間と受験の注意点

初回受験においては、4科目全て出願する事が必要です。
出願後に受験しなかった科目は不合格扱いとなります。科目合格の有効期間は、初めに出願した試験から連続する3回の試験までです。例えば初回出願が12月試験の場合、翌年12月の試験までの実質約1年間が有効期間となります。

取得するまでの流れ

CFEは資格試験に合格することに加え、資格認定が必要になります。
受験資格要件の充足 → 受験・合格 → 認定要件の充足・認定

受験資格要件の充足
合格
認定要件の充足

受験資格要件

  • 条件1
    ACFEの個人会員であること
    • 入会金:¥5,400
    • 年会費:¥21,600
    • ※学生(院生)の方は、年会費¥10,800
  • 条件2
    資格点数が40点以上あること
資格種別 資格 資格点数
学歴 学士 1年につき10点
(4年制大学卒で40点)
修士 5点
博士 5点
不正対策
関連業務経験
会計・監査
不正調査
損失防止 など
各1年につき5点
不正対策
関連資格
公認会計士
弁護士
税理士
中小企業診断士
社会保険労務士
USCPA(米国公認会計士)
CIA(公認内部監査人)
CISA®(公認情報システム監査人)
各資格につき10点

資格の認定要件

  • 条件1
    CFE資格試験に合格していること
  • 条件2
    ACFEの個人会員であること
  • 条件3
    2年以上の不正対策関連業務の経験を含めて50点以上の資格点数があること
【2年以上の不正対策関連業務】
例) 4年制大学卒業(40点) + 実務経験2年(10点) = 50点
※4年制大学卒業の学位(40点)に、資格取得の点数10点を加算し50点としても、実務経験が2年以上ないと認められません。

継続教育義務について

CFE認定者が専門職としてふさわしい能力・知識の開発を継続させることを目的とした制度です。
認定後、初回のACFE会員更新月(CFE会員登録から1年後)からCPEの報告義務が発生します。次回の会員更新月までの1年間で、20CPE(1CPEは50分の講義や研修)を報告します。
CPEの範囲は、不正検査、倫理、会計・監査、管理、監督関連の研修全般に関するもので、20CPEのうち、10CPEは「不正検査」・2CPEは「倫理」を含める必要があります。他資格の継続教育として獲得したCPEを充当することもできます。